携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

12 個人の債務者のための免責と復権

(6) 免責が取消される場合

(イ) 取消事由
裁判所は、下記(a)又は(b)の場合には、免責取消の決定をすることができます(破産法254条)。
(a) 詐欺破産罪(破産法265条)の罪について有罪の判決が確定した場合
(b) 債務者が不正な方法で免責許可の決定を得た場合
(ロ) 不服申立
免責取消決定に不服がある場合には、即時抗告の申立をすることができます。