携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

12 個人の債務者のための免責と復権

(1) 免責とは

免責とは、自己破産をした個人の債務者について、破産手続での配当によって弁済することができなかった残債務額(非免責債権を除きます)を免除することによって、個人の債務者が経済的に再生するための制度です。
個人の債務者の場合、自己破産をしても、法人のように消滅するということはありませんので、免責を得ることによって初めて債務が帳消しになります。
また、破産手続開始決定により制限されていた権利・資格の制限は、免責許可決定の確定により解除されます。これを復権といいます。
免責を得るためには破産手続を経ていることが必要となりますので、個人の債務者の場合、自己破産の申立はこの免責を得るための手段ということができます。