携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

5 自己破産のデメリット

(1) 法人の場合

法人の場合、自己破産後には税金を含めて債務を全て帳消しにした上で、法人の存在自体が消滅しますので、このこと自体が法人自体やその関係者にとってデメリットといえなくもないでしょう。
しかし、十分に検討した結果として、法人の継続・再建の見込みがなく、自己破産をせずに法人を存続させておく意味はないと判断される場合には、自己破産をしないことの方がかえって法人自体やその関係者にとってデメリットといえます。